中華と炭焼き RON | 日記 | 店主経歴

中華と炭焼き RON昼は坦々麺とエビメシの店!夜は中華と炭焼きの持ち帰り専門店!

Top >  日記 > 店主経歴

中華と炭焼き RON の日記

店主経歴

2017.08.19

1966年福岡県田川郡のド田舎に生まれる 1976年 10歳の時 小学校が休みで母に今日のご飯 何? と聞くと 母『ご飯は、あそこに生っている!』と、母の 指した指先の柿を見て人生初の挫折・・・ 1685年(19歳) 博多の某有名居酒屋に就職 1992年(26歳) 支店の10坪程の店長になる 博多駅の立ち飲みであったが月商700万を達成 のちの5年間 継続(結構、自慢) 1996年(30歳) 熊本にて【月下厨房 酒菜亭】開店 独立 2003年(37歳) 自分の才能に調子に乗り過ぎ あっけなく挫折 前嫁 自分の作った会社 全財産 全てを失う←自業自得 2003年~2005年(40歳) 今の俺は無力だが無能では無いと思い ながら、イジケ中・・・ 2005年 これでは、いかんと一面発起 本職の他、仕事を3つ掛け持ちをし月10万円貯金5年で600万円 で、もう一度自分の店を出すと誓い 即行動! 2008年(42歳) 3つの仕事場の一つの店で現嫁と出会い東京に 引っ越しすると言う妻を無理やり説得 結婚 前店舗 【熱血厨房 海猿】開店 2014年(48歳) 50まで後2年だぜー! と考え 今まで誰もやってない店舗 新形態を模索 立案

2015年(48歳) 中華と炭焼き RONオープン

2017年(51歳) 夏 取り上げられたメディア 

           FM福岡
           めんたいワイド 
           KBC あさデス
全てが、ランチの取材・・・

未だ。。夕方からの持ち帰り専門店(大器晩成中) 

日記一覧へ戻る

【PR】  スマイルズミュージックサロン  ハローストレージ南行徳  ブランドLOVE  DogSalon ALOHA  K-LINE